×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファーストクラスとは

ファーストクラスとは、旅客機の上級クラス(客席)のことで、旅客機の収容人数が増えて機内客室がクラス分けされた際にこの名がつけられました。最初、航空機における複数の座席クラスの提供は、ダグラスDC-4Bなどの近代的大型機材の本格導入により、搭乗客数が30人以上となる1950年代前後から始まりました。より広い面積を持つシートの提供とより充実したサービスの提供が行われます。


ファーストクラスは正規普通運賃エコノミーのだいたい3倍です。でも、格安航空券とくらべると20倍近く差がつくこともあります。格安航空券はシーズンにより料金がかわってヨーロッパでも直行便で7万円くらいで行けますが、ファーストクラスの格安航空券はほとんど出回ってなく、しかも普通運賃となるとシーズン通して同料金です。だいたい150万円弱くらいなので、やはりその差は20倍ほどです。


ファーストクラスを利用した場合に受けられる地上でのサービスは、航空会社や路線により異なりますが、次のようなものがあります。マイレージポイントの割増、空港からホテルなどへの無料送迎 、専用チェックインカウンターの使用、手荷物の重量制限アップ、到着時に優先で手荷物を受け取れる荷札、優先通関レーンの使用、専用空港ラウンジの使用、機内への優先搭乗案内などのサービスがあります。


ファーストクラスのサービスは、エコノミークラスから比べると違う世界です。当然、シートや食事、CAのサービスも違います。お客様一人あたりをサービスするCAの人数が違いますし、ベテランか能力の高いCAが対応します。航空会社によっては、チーフパーサーが、一人一人に挨拶に来たりします。優越感を味わえます。最近は、一昔前のファーストクラスよりもシートやサービスが良くなってきてます。一度、ファーストクラスで御旅行はいかがでしょうか。


ファーストクラスは、元は客船で使われていた用語

ファーストクラスは、元は客船で使われていた用語で、同じく最上級客室の事を指していました。各国の鉄道においても、ファーストクラス(一等車)、セカンドクラス(二等車)、サードクラス(三等車)と分けられていました。ファーストクラスの用語は、航空業界においては、1920年代以降に旅客機による旅行が本格化し、旅客機の収容人数が増えて機内客室がクラス分けされた際に、「ファーストクラス」の名がつけられました。


ファーストクラスの運賃の目安は、成田空港−東南アジア往復で1人、数十万、ヨーロッパあるいはアメリカ往復で百数十万円程度かかります。したがって、利用客層は大手企業の役員クラスや閣僚、国会議員、芸能人といった、欧米諸国であれば自家用ビジネスジェット機も多く利用する層(いわゆるセレブリティとされる人たち)が主な客層です。


ファーストクラスの主な地上サービスとしては、ファーストクラスラウンジ利用、マイレージポイントの割増、空港からホテルなどへの無料送迎、専用チェックインカウンターの使用、手荷物の優遇措置、優先通関レーンの使用など。機内サービスでは、専用コンパートメント、専用リクライニングシート、専門の訓練を受けた客室乗務員によるサービス、ア・ラ・カルトで選べる機内食。高級ワイン・アルコールの提供などがあります。


最近、ヴァージン・アトランティック航空のように、ファーストクラス並みのサービス内容を持つビジネスクラスを提供することで、はじめからファーストクラスを設定しない航空会社がでてきました。理由としては、昨今、顧客企業の出張コスト削減によるファーストクラスの利用客の減少などです。航空会社は、ビジネスクラスのサービスの向上と同時にファーストクラスを廃止したり、設定路線を縮小するなどしています。


ファーストクラスは、元は客船で使われていた用語

ファーストクラスは、元は客船で使われていた用語で、同じく最上級客室の事を指していました。各国の鉄道においても、ファーストクラス(一等車)、セカンドクラス(二等車)、サードクラス(三等車)と分けられていました。ファーストクラスの用語は、航空業界においては、1920年代以降に旅客機による旅行が本格化し、旅客機の収容人数が増えて機内客室がクラス分けされた際に、「ファーストクラス」の名がつけられました。


主にファーストクラスは、国際線の旅客機に設定されています。運賃は、基本的に正式運賃のエコノミー料金の数倍から十倍程度、ビジネスクラスの倍から3倍程度の運賃がかかります。最近では、国内線の上級クラスを「ファーストクラス」と称しているケースもありますが、その場合、シートの大きさやサービス内容は、ビジネスクラス程度という場合が多いです。


ファーストクラスの地上サービスとして、出発地・到着地空港の専用ラウンジの使用、ラウンジ内部では飲食無料、専用ラウンジ内のバスルームやマッサージサービスの無償提供 、機内への最優先搭乗案内など、空港内での待ち時間を短縮するサービスを提供する航空会社が多い。機内サービスは、ビジネスクラスのサービスの個々の質を更に上げたものを提供しているケースが多いです。


最近、ファーストクラス並みのサービス内容を持つビジネスクラスを提供する、はじめからファーストクラスを設定しない航空会社がでてきました。なぜかというと、顧客企業の出張コスト削減によるファーストクラスの利用客の減少です。航空会社は、ビジネスクラスのサービスを向上させるのと同時にファーストクラスを廃止したり、設定路線を縮小したりしています。しかしながら、一度は、ファーストクラスのサービスを体験してみたいものです。エコノミークラスから比べるとまた、違う世界でしょう。